痴漢専用電車[秋]


秋海王社
2016年01月23日
痴漢専用電車と噂されている列車に、わざと乗り込んだ少女。
わざと痴漢をさせることで慰謝料をもらおうとたくらんだのだが…。

終電とはいえ、思ったより人の多い車内。それでも実際に痴漢されることなどないだろう…
と思っていたが、少女は後ろからお尻を触られてしまう。
周囲にバレバレだというのに、誰も何も言わない車内……痴漢専用電車というのが本当だったのか、
と少女が抵抗しようとした瞬間、周囲にいた男たちの魔の手が少女へと伸びていく…

「やだやだ!パンツまでおろさないでよ!」

少女のか弱い抵抗は男たちにとって何の障害にもならず、少女は身体中を好き勝手に弄られてしまう。
衣服をはぎ取られ、目隠しをされた少女は、何も見えない状況の中で犯される!!

「何か…熱くて…硬いのが…奥まで挿入って…」

見えないという状況で過敏になってしまった身体は、男たちの乱暴な愛撫にも反応して快楽に悶えてしまう。
少女はこの状況から逃げ出せるのか……!?

期待の新人、秋による輪姦レイプが登場!

「サイベリアマニアックス痴漢凌辱パラダイスVol.2(BJ070672)」に掲載されている作品です。